672円 モップ ワイヤレスハンドヘルド電気掃討LEDワイパーフロアウィンドウワッシャーウェットモップ掃除機ホワイト ディープクリーン (Color : White, Size : 29.6x2x111.4cm) ホーム&キッチン 掃除用品 デッキブラシ モップ ワイヤレスハンドヘルド電気掃討LEDワイパーフロアウィンドウワッシャーウェットモップ掃除機ホワイト 海外限定 ディープクリーン Color White Size 29.6x2x111.4cm : 672円 モップ ワイヤレスハンドヘルド電気掃討LEDワイパーフロアウィンドウワッシャーウェットモップ掃除機ホワイト ディープクリーン (Color : White, Size : 29.6x2x111.4cm) ホーム&キッチン 掃除用品 デッキブラシ 672円,ワイヤレスハンドヘルド電気掃討LEDワイパーフロアウィンドウワッシャーウェットモップ掃除機ホワイト,:,:,29.6x2x111.4cm),モップ,/indiscretionary1024611.html,(Color,progreengrass.com,White,,Size,ホーム&キッチン , 掃除用品 , デッキブラシ,ディープクリーン モップ ワイヤレスハンドヘルド電気掃討LEDワイパーフロアウィンドウワッシャーウェットモップ掃除機ホワイト 海外限定 ディープクリーン Color White Size 29.6x2x111.4cm : 672円,ワイヤレスハンドヘルド電気掃討LEDワイパーフロアウィンドウワッシャーウェットモップ掃除機ホワイト,:,:,29.6x2x111.4cm),モップ,/indiscretionary1024611.html,(Color,progreengrass.com,White,,Size,ホーム&キッチン , 掃除用品 , デッキブラシ,ディープクリーン

モップ ワイヤレスハンドヘルド電気掃討LEDワイパーフロアウィンドウワッシャーウェットモップ掃除機ホワイト 海外限定 ディープクリーン Color White Size 29.6x2x111.4cm : 無料サンプルOK

モップ ワイヤレスハンドヘルド電気掃討LEDワイパーフロアウィンドウワッシャーウェットモップ掃除機ホワイト ディープクリーン (Color : White, Size : 29.6x2x111.4cm)

672円

モップ ワイヤレスハンドヘルド電気掃討LEDワイパーフロアウィンドウワッシャーウェットモップ掃除機ホワイト ディープクリーン (Color : White, Size : 29.6x2x111.4cm)

商品の説明

サイズ名:29.6x2x111.4cm  |  色名:White

モップを使用してペットの髪、ほこり、汚れなどの大きな破片を収集し、モップパッドを使用してより深い洗浄を行います。
主な特徴:
●高周波数往復スライド、モップ頻度1000回/分までです。
●水タンクの安全ライトLED照明。
●柔軟な回転、死角のないモップ。
●強力なモップパッドは、複数の汚れに取り組みます。
●2200mAhの大容量バッテリー、それは300〜400平方メートルの部屋をきれいにすることができるフル充電、上で連続して60分を使用することができます。
●直立配置、自動シャットオフ、直立セルフロックシャットダウン。
●230ミリリットルの水タンク、及び0.5ミリメートルの穴性を保証さえスプレー。
●水噴霧の設計、扇形水噴霧。
パッケージ内容:
1 Xホスト、
1×充電スタンド、
図2は、金属管をxは
1×ハンドルは、(ボタン電池を含めます)
10×ワンタイムクリーニングクロス、
1×耐久性に優れたクリーニングクロス、
1×水カップ、
1 x電源ケーブル、
1×マニュアル

モップ ワイヤレスハンドヘルド電気掃討LEDワイパーフロアウィンドウワッシャーウェットモップ掃除機ホワイト ディープクリーン (Color : White, Size : 29.6x2x111.4cm)

感性認知脳科学専攻は、人の高次脳機能である「感性」について分野横断的研究と教育を推進しています。

行動科学領域

行動科学領域では、こころの働きおよび脳の機能について、人や動物の行動科学的研究を多角的に進めています。

神経科学領域

神経科学領域では、6 つの研究グループが分子から構造、そしてシステムに至る様々な観点から複雑な神経機能の解明に取り組んでいます。

感性デザイン学分野

感性デザイン学分野は人間のこころに関連した広範な研究課題を多方面から観察し、人間の感性に基づいて、デザイン開発の全プロセスを新たな観点で提案しています。

感性人間工学分野

よりよい製品やサービスのデザインを目指して、脳活動や行動指標による人間の知覚・認知特性の評価から産業応用のための標準化にいたる研究を行っています。

精神機能障害学分野

精神医学的手法・行動科学的手法・心理学的手法・生物学的手法を用いて、病態や障害の解明および対応方法の開発の研究を行っています。

システム脳科学分野

システム脳科学分野には武井・野上研究グループ、松本研究グループ、設楽研究グループがあります。